読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オペラ歌手になれるかな

オペラ歌手を目指すソプラノ 上原悠希のブログ

藤原歌劇団の研究生に合格しました。

大変、お久しぶりになってしまいましたが

読者の数が減っていなくて、とても嬉しかったです。

やはり減ってしまうと悲しいですからね。

ありがとうございます!!!

 

しばらく更新がありませんでしたが

その理由が試験でした。

 

2月19日に藤原歌劇団の研究生の試験を受けてきました。

どきどき待った試験結果は合格!

よろこびでいっぱいです。

 

同級生たちはとっくに研究生を終え、

準団員としてオペラに出演している

そんな姿を見て焦ったこともありました。

(昨日も友人のオペラに招待していただいて聴かせてもらいました。とても素敵でした。)

でも今はその存在が心の支えとなって心強いです。

 

ママになることを選んだこと

子育ての経験

これも立派な体験です。

 

 

そして、その上でさらに演奏をしたい

という気持ちを持った。

ママって素晴らしい!

でもママでない私の顔だってある!!

その私だってやっぱり私なんだ。

 

なら、やってみよう!!

そんな一歩を踏み出したのだと思います。

 

正直かなりの葛藤と恐怖心がありました。

金子元美さんのブログを見て鑑定を依頼したのも

そんな理由だと思います。

kyotoagnih.com

「オペラ歌手?全然むいてませんよ。あなたは専業主婦が向いてます」って言われたら考え直しちゃおうかな。とか。

そしたらなんと「おやりください」とな?!?!

 

誰かに相談して「え?無理じゃない?やめなよ」って言われたらそのせいにして考え直そうかな。

「いいじゃん、やりなよ!!応援してる!!」

 

 

夫が反対したら(これ幸いと?)夫のせいにしてやめようかな。

「応援するよ」

「え?(;'∀')」

 

母のせいにしてやめようかな。

「後悔しないように、やりなさい。お母さん震災で考え方が変わったの」

 

 

逃げ腰の私でした。

だめだめの私。

 

それだけこの一歩が怖かった。

でも踏み出したからには「覚悟を決めるのみ」です。

やるからには徹底的にやる。

じゃなきゃ「私」は楽しくない。

 

 

試験では

中田喜直「さくら横ちょう」

ベッリーニ「おお幾度か」

を歌いました。

 

最初、ちょっと緊張気味の声でしたが

アリアでは調子が出てきたし

試験と思わず、演奏会と思って

試験管の先生でなくお客さまと思って

心から演奏しました。

伴奏者も、寄り添うような支えるようなピアノを弾いてくれました。

 

 

お客様の心に響く歌をお届けできる

そんな演奏家になりたいです。

 

これからアンサンブルやワルツ、日舞、舞台メイク

などなど実践的な勉強を積んでいきます。

どんな仲間や先生に出会えるのかしら。

 

子育てとの両立。

それはこれからの時代を生きる女性たちの共通の課題だと思います。

私なりの答えをみつけながら

悔いのない、思い切った人生を存分に楽しんで生きていきたいです。

 

自分の勉強はもちろんですが

その勉強のための時間を作るには

子どもとの関わり方や家事の効率化。

 

つまり、子どもが身の回りの基本的なことを年齢に応じてできるようになっていくことと同時に

 

子どもとの時間はお説教や教育の時間ではなく、心が触れ合える心地よい時間にできること、そのためには極力雑用の手間を減らす必要があること。

 

そのヒントを学びに

友人であり、インテリアコーディネータで整理収納アドバイザーの磐梨裕子さんの講座に行ってきます。

comorie.nifty.com

 

家事育児と仕事の両立のため

心地よい親子関係のため

素敵なアドバイスをいただけると思います。

またご報告しますね。

 

子どもの習い事の送迎、学校幼稚園の係、町内会の支部長もまわってきたし、さらに息子のサッカーの班長もやることになりそう。

ほほほ、こ、こなせる。。。よね。。

 

f:id:yuki-uehara-1319:20161106101918j:plain