読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オペラ歌手になれるかな

オペラ歌手を目指すソプラノ 上原悠希のブログ

譜読みしてます

すっかり更新が滞っております。

何をしていたかと申しますと

ひたすら譜読みしております。

 

フィガロの結婚」の2幕をお勉強中。

レチタティーヴォはなんて難しいんでしょう!!

でも楽しい。

うまく感情と言葉と音楽がはまった!時は本当に気持ちがいいです。

 

 

その他、試験曲も沢山ありますから、

てんやわんや。

 

そして初めて演技の勉強をしています。

これがまた!

自分の殻をバリバリ破っております。

 

あとはヨガを始めまして

内観して

センサーを敏感にして

自分を愛おしんでねぎらって

そんな豊かな時間をすごしています

 

常に忙しい人には

本当にヨガおすすめです。

 

全然更新しないこのブログを

「ブログ楽しみにしているよ」と言って下さったお友達に

少しでもお答えしたくて

やっとこ重い腰をあげました

 

○雪姫が寝ていそうな美しいチューリップのお花畑

f:id:yuki-uehara-1319:20170423081512p:plain

素敵な一日をお過ごしください♡

12月1日尾形記念コンサートYoutube

もうだいぶ昔の話のような

気がしてしまう。

12月のコンサート!

f:id:yuki-uehara-1319:20161204084632j:plain

ご来場くださった皆様。

本当にありがとうございました。

 

初めて有料で出たコンサートで

プレッシャーで震えがとまりませんでした。

 

サロンコンサートで、

お部屋いっぱいに入ってくださったお客様。

間近すぎてお互いの表情がよ~く見えました(笑)

 

ご覧くださいね♪


サティ―作曲;あなたが欲しい 上原悠希(ソプラノ) 宇田川夢佳(ヴィオラ) 山口佳子(ピアノ)

 

 

 

 


Amazing grace 上原悠希(ソプラノ) 宇田川夢佳(ヴィオラ) 山口佳子(ピアノ)

 

 

人前で歌うということで

自分の中でスイッチが入って

 

やっぱり演奏っていいな。

人に聴いてもらえるのって幸せだなと思いました。

 

共演のピアノの山口佳子ちゃんは大学の同級生。

いつも優しく温かく支えてくれるピアニストさん。

仕事・音楽に対する誠実な姿勢には合わせる度に心を打たれました。

 

ヴィオラ宇田川夢佳ちゃんはしっとりとして情熱的な音色と音楽性の持ち主。さらに一番年下なのに一番てきぱき!本当に頼りになりました。

 

お二人とも自己主張だけでなく、共演者のことも配慮できる方たちで、すっかり一つのチームのようになれました。

素敵な出会いと共演に感謝です。

 

そしてムジカチュエレステ代表の佐藤智恵さん

musica-celeste.com

 

お若いのに会社を経営され、スタッフさんや出演者とのやり取り、宣伝や、ご自身の演奏の数も多く、本当にパワフルで素敵な方でした。

 

華やかで演技力もすばらしく、まさに舞台人といったオーラ。

 

毎週コンサートされるなんて!本当に信じられません。

musica-celeste.com

 

素敵な機会をくださったことに

心から感謝です。

どんどん演奏経験をつんで、

聴いてくださる方の心に響くような演奏ができるように精進してまいります。

レチタティーヴォ・セッコに悪戦苦闘

まずは、レチタティーヴォ・セッコって何?

という方に。

 

オペラのアリア(歌)ではなく、「台詞」

音が決められた台詞という感じです。

 

セミナーで取り上げられた教材はこちら

モーツァルト作曲”ドン・ジョヴァンニ”より

「手を取り合って」の前のレチ。


Mozart - La Ci Darem La Mano (English Subtitles)

 

まず、日本人の感覚からすると

イタリア語のレチ・セッコは早口に感じると思います。

舌かみそう!!!

 

それに音程入れて、感情入れて!

もうさっぱりどうしていいのやら!!です。

 

ここに理論が入るとやりやすいですよね。

 

香川紀恵先生のオペラセミナーで

韻文の音節数によってアクセントの位置が決まっている

という衝撃の事実を知って分析の方向性が定まりました。

ただ何となく考えていても。。。ねえ。

 

ameblo.jp

 

さらに、セミナー後に宿題をいただいて(笑)

椿姫の「乾杯の歌」を分析。

思いっきり間違える!!(笑)

 

いいんです、こうして学んでいくんですから。

そもそも「音節に分ける」という発想事態がなかったんですから。

 

知識で補える部分は、どんどん補っていきます!

 

 

それにしてもモーツァルトは勉強すればするほど、

この人、本当に天才だな!!と、

 

若くして「人間」や「人生」ってものを知り尽くしていて、

そしてそれを音楽に表現できてしまう人だったんだな。

と、驚きの連続です。

特に「ドン・ジョヴァンニ」は晩年の作品ですから

鬼気迫るものがあります。

 

フィガロの「笑ってしまうけど重い」もいいし

ドンジョヴァの「重いのに笑ってしまう」のもいい。

暗いだけでもなく、明るいだけでもなく。。。

 

モーツァルト、知れば知るほど、ますます惹かれます。

f:id:yuki-uehara-1319:20170311093207p:plain

イメージコンサル大反響

前回記事で紹介した小林由梨奈さんのイメージコンサルティングが、私の周りで大反響です。

yuki-soprano-1319.hatenablog.com

すでに3人がお申込み。

興味あります、という方も何人も。

 

皆さん自分に似合う色で悩んでいらっしゃるのですね。

ママとして集団から浮かない色、TPO、流行のカラーは確かにあるけれど

 

似合う色を知っていれば

 

例えば似合わない色を着るときには首周のアクセサリーやストール、スカーフで似合う色を足して。。。なんて工夫をすることもできますね。

 

それから、ベースカラーに目が行くようになることで(ブルーベース・イエローベース、透明、くすんでる)、コーディネイトのちぐはぐから脱出できます。

 

もともと色彩感覚が鋭いかたは自然にやっていらっしゃるのかもしれませんが

 

私みたいな耳人間には

理論が入ってくれたおかげで、やっと!!という感じです。

 

色のことがさっぱり分からない!

理屈で納得したい!

そんな方にぜひおすすめです。

 

また演奏家の方は、人前に出るのにますます自信が持てますよ。

まあ、個性的な方は、その個性でもって、なんでも着こなされると思いますが(^^♪

 

f:id:yuki-uehara-1319:20170311093546p:plain

©aura.Y2 深谷義宣 

TOP of aura.Y2 深谷義宣 YOSHINOBU FUKAYA

 

 

幸いこの写真は似合うコーラルピンクですね。

アクセサリーがゴールドなら、さらに良しだと思われます。
由梨奈ちゃん、合ってる??

春爛漫!似合う色を知って新しい私

 

春ですね!!

f:id:yuki-uehara-1319:20170104085639j:plain

似合う色を知るだけでびっくりするほど

顔色が華やかになる体験をしました。

まさに別人。

 

わたし、ベージュが似合わないと心から信じていて

グレーやネイビー、黒を着ていました。

服は青系なら安心!!

だったのに

 

イエローベースで透明感のある華やかな色が似合うと言われて

驚きました

 

由梨奈ちゃんのコンサルを受けて

自分が「きれいになりたい」願望を抑えて

地味にすることで安心していたこと

「華やかにしてはいけない」って勝手に思い込んでいたことに気づけました。

 

演奏家として、より美しく、舞台やステージに来てくださった方に、目でも耳でも喜んでいただけるように。

 

yurina-magnolia.com

 

自分の似合うカラーが分かることで

無駄な買い物が減りますよ。

私のクローゼットの中身が似合わないブルーベースの服ばかりで・・・

春服買う前に相談してよかったです。

 

似合わない色のわたし

f:id:yuki-uehara-1319:20170308082021p:plain安心の水色コーデ

 

似合う色の私

f:id:yuki-uehara-1319:20170308082128p:plain

パーソナルカラーのオレンジ

 

似合う色は好きな色ばっかりでした。

f:id:yuki-uehara-1319:20170308082250p:plain

なんて幸せなんでしょう!!

 

似合う色が分からない方!!

ぜひ由梨奈ちゃんの力を借りてしまいましょう!!

元女優さんの審美眼は素晴らしいです。さすがプロの腕前でした。

ありがと~♡

 

この春は心も服装も軽やかになりそう!!

 

 

ピアノ教室の発表会と由梨奈ちゃんの記事

私が教えているピアノ・声楽教室の発表会

26日に無事開催することができました。

気づいたら第3回!!

生徒も15人に増えました。(発表会参加は14人でした)

 

あんなに小さかった生徒さんたちもとても成長して、立派な演奏。

そんな姿が誇らしく、私が逆に勇気づけられるほど心強かったです。

 

お客さまも沢山聴きに来てくださって、子ども達盛りだくさん!

元気爆発の発表会。

個性的な生徒さんが多いのでふつうのお教室の5倍は元気だったな。。。

 

 

ぼんやりマイペース絶好調の私だけでは

発表会の運営などできません。

皆さまの支えてくださったおかげです。

 

 

特に

 

裏方の全てを仕切ってくれた友人であり伴奏者のママ友先生。

 

保護者で自身も出演者のママ友。

 

忙しいスケジュールの合間をぬってアナウンサーをしてくれたママ友。

 

ママ友三人衆には感謝しても感謝しきれません。

 

f:id:yuki-uehara-1319:20170127081743p:plain

 

発表会の様子をイメージコンサルタントの小林由梨奈ちゃんが素敵な記事にしてくれました。

 

町田の中でも、町田?な山奥までよく来てくださいました。

小旅行って言ってもいいくらいの道のりでしたね。

それにしても由梨奈ちゃんは本当に行動力があります。

 

「○○したい」という人は多いですが

本当にやる人は少ないです。

でも彼女はその数少ない「本当にやる人」

そんな彼女にはいつも刺激をもらっています。

まだ出会ったばかりですが、なんとも言い難い深い縁を感じます。

由里奈ちゃんの書いてくださった記事、ぜひご覧ください。

yurina-magnolia.com

 

それにしても研究生の試験から一週間で発表会。

・・・激務でした(笑)

藤原歌劇団の研究生に合格しました。

大変、お久しぶりになってしまいましたが

読者の数が減っていなくて、とても嬉しかったです。

やはり減ってしまうと悲しいですからね。

ありがとうございます!!!

 

しばらく更新がありませんでしたが

その理由が試験でした。

 

2月19日に藤原歌劇団の研究生の試験を受けてきました。

どきどき待った試験結果は合格!

よろこびでいっぱいです。

 

同級生たちはとっくに研究生を終え、

準団員としてオペラに出演している

そんな姿を見て焦ったこともありました。

(昨日も友人のオペラに招待していただいて聴かせてもらいました。とても素敵でした。)

でも今はその存在が心の支えとなって心強いです。

 

ママになることを選んだこと

子育ての経験

これも立派な体験です。

 

 

そして、その上でさらに演奏をしたい

という気持ちを持った。

ママって素晴らしい!

でもママでない私の顔だってある!!

その私だってやっぱり私なんだ。

 

なら、やってみよう!!

そんな一歩を踏み出したのだと思います。

 

正直かなりの葛藤と恐怖心がありました。

金子元美さんのブログを見て鑑定を依頼したのも

そんな理由だと思います。

kyotoagnih.com

「オペラ歌手?全然むいてませんよ。あなたは専業主婦が向いてます」って言われたら考え直しちゃおうかな。とか。

そしたらなんと「おやりください」とな?!?!

 

誰かに相談して「え?無理じゃない?やめなよ」って言われたらそのせいにして考え直そうかな。

「いいじゃん、やりなよ!!応援してる!!」

 

 

夫が反対したら(これ幸いと?)夫のせいにしてやめようかな。

「応援するよ」

「え?(;'∀')」

 

母のせいにしてやめようかな。

「後悔しないように、やりなさい。お母さん震災で考え方が変わったの」

 

 

逃げ腰の私でした。

だめだめの私。

 

それだけこの一歩が怖かった。

でも踏み出したからには「覚悟を決めるのみ」です。

やるからには徹底的にやる。

じゃなきゃ「私」は楽しくない。

 

 

試験では

中田喜直「さくら横ちょう」

ベッリーニ「おお幾度か」

を歌いました。

 

最初、ちょっと緊張気味の声でしたが

アリアでは調子が出てきたし

試験と思わず、演奏会と思って

試験管の先生でなくお客さまと思って

心から演奏しました。

伴奏者も、寄り添うような支えるようなピアノを弾いてくれました。

 

 

お客様の心に響く歌をお届けできる

そんな演奏家になりたいです。

 

これからアンサンブルやワルツ、日舞、舞台メイク

などなど実践的な勉強を積んでいきます。

どんな仲間や先生に出会えるのかしら。

 

子育てとの両立。

それはこれからの時代を生きる女性たちの共通の課題だと思います。

私なりの答えをみつけながら

悔いのない、思い切った人生を存分に楽しんで生きていきたいです。

 

自分の勉強はもちろんですが

その勉強のための時間を作るには

子どもとの関わり方や家事の効率化。

 

つまり、子どもが身の回りの基本的なことを年齢に応じてできるようになっていくことと同時に

 

子どもとの時間はお説教や教育の時間ではなく、心が触れ合える心地よい時間にできること、そのためには極力雑用の手間を減らす必要があること。

 

そのヒントを学びに

友人であり、インテリアコーディネータで整理収納アドバイザーの磐梨裕子さんの講座に行ってきます。

comorie.nifty.com

 

家事育児と仕事の両立のため

心地よい親子関係のため

素敵なアドバイスをいただけると思います。

またご報告しますね。

 

子どもの習い事の送迎、学校幼稚園の係、町内会の支部長もまわってきたし、さらに息子のサッカーの班長もやることになりそう。

ほほほ、こ、こなせる。。。よね。。

 

f:id:yuki-uehara-1319:20161106101918j:plain