オペラ歌手になれるかな

オペラ歌手を目指すソプラノ 上原悠希のブログ

雑念なく歌うって気持ちいい&鎌倉文学館 漱石の手紙展

すっかりお久しぶりになってしまいました。

実は育成部の試験で緊張しすぎて大失敗という

学生のようなことをやらかしてしまって

かなり落ち込んでいたのです。

 

失敗したといっても

歌詞が飛んだとか、音を間違えた

という訳ではありません。

 

むしろ、歌詞を正しくとか音を正確に

と、考えていてつまらない演奏をしたのでした。

 

失敗の原因は色々ありますけど

全て言い訳になってしまうので書きません。

 

心と身体が固くなると歌は歌えません。

心と身体が柔らかく、かつ力強く、開放されて初めて歌えるのですね。

 

先日、友人宅でお嬢さんに伴奏してもらって

ヘンデルの「私を泣かせてください」を歌いました。

これ、最近なぜか私の頭の中でループしてる曲なんです。

ヘンデル大好きなのでいいんですけど

本当は課題のモーツァルトをループさせたい(笑)

 

で、歌ってみて思ったのは

邪心がないと声がよく伸びる(笑)

 

大きな声をだしたい

とか

うまく歌いたい

とか

上手だって思われたい

とか

 

そういうのは全部、雑念ですよね。

ただ心を込めて、自分がその音楽に感動して歌えた時の気持ちよさを思い出しました。

 

なんで忘れてたんだろ。。。

 

お客さんの前で歌うっていいですね。

喜んでもらえて、また元気が出てきました。

 

来月からボランティアの本番が3件あるので

病気の方や、お年寄りの方に、少しでも喜んでもらえるような素敵な演奏をしてきたいと思います。

逆に私が励まされ、元気になって帰ってくるのだと思いますが。

楽しみです。

 

 

さて、全然別の話。

時間が前後しますが試験よりも前に

鎌倉に美女とデートしに行ってきました。

 

私ったら、すっかり骨抜きにされてる魅力的な彼女。

イメージコンサルタントの小林由梨奈さん。

http://yurina-magnolia.com/

 

彼女の湘南サロンがオープンしたので遊びに。

カフェのイベント。

それから鎌倉文学館の「漱石の手紙展」を見に。

www.kamakurabungaku.com

f:id:yuki-uehara-1319:20170809090148j:plain

行ったのが最終日だったので今はもう終わってしまっていますが。。

素敵な洋館にむかって歩くだけでもワクワク。

 

漱石っていうと高校の教科書に載っていた「こころ」が真っ先に浮かびます。

多感な時期に強烈だったKの死。

彼の「苦しい」というせりふが印象に残っています。

 

その「こころ」の見返しに刻印されたラテン語

Ars longa,vita brevis

芸術は長く、人生は短い

 

この言葉に、焦ってばかりいた自分の小ささを感じ

漱石ですら達するには短い思った人生と

芸術の大きさを思いました。

 

その後、何作品か読みましたが、漱石のシリアスなようで滑稽なようで、深いようで、軽妙で。

そんな文章に惹かれます。

 

テレビドラマの「夏目漱石の妻」も面白かったな。

www.nhk.or.jp

 

 

楽しかった一日の最後は海辺でビール♡

f:id:yuki-uehara-1319:20170809090305j:plain

休息も大事。

鎌倉、海、この場所が大好き。

また来たい~。

映画「美女と野獣」実写版見てきました。


日曜日が雨だったので、久しぶりにサッカーじゃない休日を過ごしました。

 

小学生の息子と二人で「美女と野獣」を観に。

娘は「怖いからいかない」と言い張り、ディズニー全く興味なしのパパとお留守番。

 

 

わたし、どうしても字幕で観たかったので「英語の勉強になるよ」と字幕版を鑑賞強行。

子どもも飽きずに最後まで見られたし
私も大満足。途中からボロボロ泣いちゃいました。

エマ・ワトソンの演技もとっても良かったし、映像も歌も綺麗で大満足でした。

 

 

ネタばれするので、これから観に行く方は読まないでくださいね。

 

ベル「恋は目ではなく心でするもの・・・」
野獣「・・・だから、天使キューピッドは盲目に描かれる」

シェイクスピア真夏の夜の夢」の一節ですね。

 

このシーン、何かにリンクしませんか?
そう、お馴染み「ロミオとジュリエット」の出会いの仮面舞踏会シーンです。
二人が会話で相手が自分の恋の相手にふさわしいか品定めをする。あのソネットです。

 

ジブリ映画「風立ちぬ」の「Le vent se lève, il faut tenter de vivre.」もそう。

周りの人に理解されず、孤独だったベルが、やっと会話が成り立つ相手に出会えた瞬間です。


そして野獣は図書室をプレゼントしてくれる。


ここ!アニメより、今回の実写の流れが本当に良かった。

私このシーンが大好きです。


豪華なものがもらえてうれしいって話ではないんですよね。
彼が、彼女の求めていた新しい世界への扉を開いてくれた。
彼女の心を解放してくれた。自由にしてくれた。

 

そして彼女もまた野獣の呪いを解いて、彼を解放するわけです。

魂が触れ合える相手かどうか、会話で確認する作業、恋に落ちる瞬間。なんて甘美なんでしょう。

 

素敵な映画でした。
また見たいな!!!


映画の画像ではないですが、美しい図書室。

f:id:yuki-uehara-1319:20170628074709p:plain

 

 

もう夏至!!

大変ご無沙汰しております。

育成部に入って、あっという間の日々でした。

 

オペラの授業だけでなく、演技、日舞、日本歌曲。

さらに師事している先生の発表会に出演したり

私のお教室のレッスンもあり

子どもの学校行事あり

激動の日々でした。

 

日舞の様子はこち

www.jof.or.jp

 

私、日舞どころかダンス経験もなく

本当に大変でした。

なかなか身体がついていかない私を最後まで見捨てずに叱咤激励してくださった吾妻先生に心から感謝しております。

最終的にはなんとか振りを覚え、やりきることができました。

浴衣や着物は日本女性の所作をとても美しくしてるということも分かりました。

 

私は集合写真の左後ろの方にちらっとうつっています(笑)

探してね。

 

演技の授業は自分の殻を破る作業として

とても感慨深いものでした。

20代の自意識過剰過ぎた時期に、このレッスンを受けていたら。。。

きっと情緒不安定になったんじゃないかしら。

もしくは、もっと早く殻を破れていた???

 

演技の内田先生の温かく包み込むようなお人柄に導かれて

演技の第一歩を踏み出せて、幸運だったと思います。

先生の出演される公演はこちら!!

こんなすごい先生に習っていたのね!!!

あらためて感激です。

世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演 『子午線の祀り』 | 主催 | 世田谷パブリックシアター

私も夫と観に行きます。

 

日本歌曲では沢崎先生にベルカントのフォームで日本語を美しく歌う方法を習っています。

とってもお美しい先生!!

ついつい

「良いフォームで歌っていると、そのスタイルが維持できるのですか?」と関係ない質問をしてしまいました。

 

歌だけでなく姿や所作もお美しい!!

舞台人として憧れの存在です。

 

同期生が「紫陽花」を歌っています。

ああ、毎年この時期になると

紫陽花を目にするたびに頭の中にこの曲が鳴ります。

というか、その都度、歌ってしまうので

娘が嫌がっています(笑)

「ママ、またその歌??」

 

 

f:id:yuki-uehara-1319:20170623073651p:plainあじさい~の花は咲くな~り~♪

 

はい、咲いてる限り、この歌ですよ。覚悟してね。

母はしつこい性格なのです。

 

この紫陽花、小さな花が集まっている様子から「一家団欒」の意味もあるそうです。

蟹座の季節にぴったりの花ですね。

 

皆さま。

湿気に負けず、元気にお過ごしくださいませ。

「演技」ってイメージと違う!

演技の授業というものを初めて体験しています。

 

私のイメージこんなでした。

 

鬼演出家「こら~!なんだなんだ!!なってない。そんなんじゃ全然伝わらないぞ!!やめちまえ、この大根役者!!」

 

(笑)

 

 

実際の授業の内容を大まかにいうと

「力みを抜いて。自分の感覚を研ぎ澄ませて。リラックス。自分の感情を出しても大丈夫。出す勇気が大事だ!」

 

やってしまえ!バンジージャンプ!!

 

実際先生がおっしゃったのではなく

私が受け取ったメッセージが上記の内容でした。

 

自分の感情を出すって難しい。

自分って何のか考えだすとドツボにはまるし

結局、自分なんてあってないようなもの。

自分にも色々な顔がありすぎてこれが自分なんてない。

 

だから考えない。

やってみる

色々やってみる

リラックスして

 

やってみると

今までに出会ったこともない自分がいたり

驚くことが沢山。

 

演技って楽しい!

そんな初めの一歩を踏み出しました。

 

ふたりで花かんむりを手にしている双子の女の子

譜読みしてます

すっかり更新が滞っております。

何をしていたかと申しますと

ひたすら譜読みしております。

 

フィガロの結婚」の2幕をお勉強中。

レチタティーヴォはなんて難しいんでしょう!!

でも楽しい。

うまく感情と言葉と音楽がはまった!時は本当に気持ちがいいです。

 

 

その他、試験曲も沢山ありますから、

てんやわんや。

 

そして初めて演技の勉強をしています。

これがまた!

自分の殻をバリバリ破っております。

 

あとはヨガを始めまして

内観して

センサーを敏感にして

自分を愛おしんでねぎらって

そんな豊かな時間をすごしています

 

常に忙しい人には

本当にヨガおすすめです。

 

全然更新しないこのブログを

「ブログ楽しみにしているよ」と言って下さったお友達に

少しでもお答えしたくて

やっとこ重い腰をあげました

 

○雪姫が寝ていそうな美しいチューリップのお花畑

f:id:yuki-uehara-1319:20170423081512p:plain

素敵な一日をお過ごしください♡

12月1日尾形記念コンサートYoutube

もうだいぶ昔の話のような

気がしてしまう。

12月のコンサート!

f:id:yuki-uehara-1319:20161204084632j:plain

ご来場くださった皆様。

本当にありがとうございました。

 

初めて有料で出たコンサートで

プレッシャーで震えがとまりませんでした。

 

サロンコンサートで、

お部屋いっぱいに入ってくださったお客様。

間近すぎてお互いの表情がよ~く見えました(笑)

 

ご覧くださいね♪


サティ―作曲;あなたが欲しい 上原悠希(ソプラノ) 宇田川夢佳(ヴィオラ) 山口佳子(ピアノ)

 

 

 

 


Amazing grace 上原悠希(ソプラノ) 宇田川夢佳(ヴィオラ) 山口佳子(ピアノ)

 

 

人前で歌うということで

自分の中でスイッチが入って

 

やっぱり演奏っていいな。

人に聴いてもらえるのって幸せだなと思いました。

 

共演のピアノの山口佳子ちゃんは大学の同級生。

いつも優しく温かく支えてくれるピアニストさん。

仕事・音楽に対する誠実な姿勢には合わせる度に心を打たれました。

 

ヴィオラ宇田川夢佳ちゃんはしっとりとして情熱的な音色と音楽性の持ち主。さらに一番年下なのに一番てきぱき!本当に頼りになりました。

 

お二人とも自己主張だけでなく、共演者のことも配慮できる方たちで、すっかり一つのチームのようになれました。

素敵な出会いと共演に感謝です。

 

そしてムジカチュエレステ代表の佐藤智恵さん

musica-celeste.com

 

お若いのに会社を経営され、スタッフさんや出演者とのやり取り、宣伝や、ご自身の演奏の数も多く、本当にパワフルで素敵な方でした。

 

華やかで演技力もすばらしく、まさに舞台人といったオーラ。

 

毎週コンサートされるなんて!本当に信じられません。

musica-celeste.com

 

素敵な機会をくださったことに

心から感謝です。

どんどん演奏経験をつんで、

聴いてくださる方の心に響くような演奏ができるように精進してまいります。

レチタティーヴォ・セッコに悪戦苦闘

まずは、レチタティーヴォ・セッコって何?

という方に。

 

オペラのアリア(歌)ではなく、「台詞」

音が決められた台詞という感じです。

 

セミナーで取り上げられた教材はこちら

モーツァルト作曲”ドン・ジョヴァンニ”より

「手を取り合って」の前のレチ。


Mozart - La Ci Darem La Mano (English Subtitles)

 

まず、日本人の感覚からすると

イタリア語のレチ・セッコは早口に感じると思います。

舌かみそう!!!

 

それに音程入れて、感情入れて!

もうさっぱりどうしていいのやら!!です。

 

ここに理論が入るとやりやすいですよね。

 

香川紀恵先生のオペラセミナーで

韻文の音節数によってアクセントの位置が決まっている

という衝撃の事実を知って分析の方向性が定まりました。

ただ何となく考えていても。。。ねえ。

 

ameblo.jp

 

さらに、セミナー後に宿題をいただいて(笑)

椿姫の「乾杯の歌」を分析。

思いっきり間違える!!(笑)

 

いいんです、こうして学んでいくんですから。

そもそも「音節に分ける」という発想事態がなかったんですから。

 

知識で補える部分は、どんどん補っていきます!

 

 

それにしてもモーツァルトは勉強すればするほど、

この人、本当に天才だな!!と、

 

若くして「人間」や「人生」ってものを知り尽くしていて、

そしてそれを音楽に表現できてしまう人だったんだな。

と、驚きの連続です。

特に「ドン・ジョヴァンニ」は晩年の作品ですから

鬼気迫るものがあります。

 

フィガロの「笑ってしまうけど重い」もいいし

ドンジョヴァの「重いのに笑ってしまう」のもいい。

暗いだけでもなく、明るいだけでもなく。。。

 

モーツァルト、知れば知るほど、ますます惹かれます。

f:id:yuki-uehara-1319:20170311093207p:plain